Day Drawing


Having been working on the series "Diorama Map" for past 13 years and walking around the cities, I gradually realized that to be a city from one place within a long elapsed time, various elements have been passing by and with the piles of organic human's  walk, cities have been composed and created.


I become to be interested in human's movement which is very primordial act from ancient times. For the works called, "Day Drawing" I am focusing on the act of my personal every day life's movement as one of these enormous acts of human's movement.

Since 2014, I have been recording the data of my dairy movement with GPS. For "Day Drawing" series, I pick up different date and locations from everyday records from past two years, then I open the small enormous halls over the paper which I traced over according to the GPS line. After that, I bring the paper in the dark room and expose the light from the backside of the paper to photograph the light which is coming through the halls. By observing the earth and myself from the GPS data which is very objective and transcendent point of view as God in ancient times, I try to visualize my physical act as single form of line.

Each of these enormous lights which compose the lines appeared in the photograph reflects the every moments of my act of movement and accumulation of my steps in one day. By visualizing and abstracting the act of my dairy movement as single line, I convert the personal physical movement into the universal visual form. These lines, which can only be recognized from the objective data of GPS signifies my act of drawing on the earth.

“Diorama Map”シリーズで都市という構造体を過去13年間に渡たり歩き続ける中で、ある一つの土地が年月を経てやがて一つの都市に至るには、様々な物が行き交い、人間の日々の歩行が有機的に堆積することによって構築されているということを実感し、しだいに人間が“移動する”という根源的行為そのものに興味を持つようになった。


Day Drawingは、そのように無数に張り巡られた行為の集積の一つである自身の日々の移動に注目し、それを写真として可視化することを試み始めた作品。

2014年11月から現在に至るまで日々継続的に自身の毎日の移動のデータをGPSに記録している。Day Drawingではその日々の記録の中から様々な場所や日時を選び出し、ある一日の移動を紙にトレースした線に沿って一点、一点手で小さな無数の穴を開ける。そして穴が空けられた紙を暗闇の中で光を照らし、その穴から漏れた光を写真に撮影する。GPSデータという極めて客観的であり、科学技術が発達する前までは神のみが知ることの出来ると考えられていた超越した視点から、地球を、ひいては自身を見下ろすことによって、自らの身体行為を一つの造形=ライン(線)として可視化する。写真に写し出された光の線を構成する無数の光の点の一つ一つは自身の「移動」という一瞬一瞬の行為、あるいは一歩一歩の歩みの集積と同等であり、また一日という単位の時間軸を持った身体行為を線に置き換えて可視化し、抽象化することによって、個人的な身体行為の記録をある種の普遍性を持った視覚表現に変換している。このような俯瞰的視点を用いることよって初めて認識する事の出来る移動という自身の身体行為は、日々地球上に線をドローイングする行為とも言える。

26, May, 2015, San Francisco

14, June, 2014, Amsterdam

January, 2015, Johannesburg

June 2016, San Francisco

13, September, 2015, Heda